88番大窪寺(おおくぼじ)から6番安楽寺(あんらくじ)まで①

  • 2021年7月7日
  • 2021年10月4日
  • お遍路
  • 1view
区切り打ち5回目
歩き遍路2日目/3日

2017年5月18日(木)
天気:晴れ
コース:さぬき市多和兼割から板野郡上板町まで
歩行距離:37km
歩行時間:9時間30分
宿泊場所:民宿寿食堂
今回で88番大窪寺を打ち終わり、結願を果たします。
88番大窪寺を打ち終わった後に、次の選択肢が考えられます。
①10番切幡寺へ向かう
約20kmを舗装された国道・県道を歩いていくルートです。四国1周を完成させるには最短の道です。
②1番霊山寺へ向かう 
約40km、昔ながらの阿讃国境超えルートです。途中、総奥之院と呼ばれる與田寺(よだじ)、大坂峠越えという見どころがあります。
今回は、この後、高野山で開催されるトレイルランニング大会、「KOBO TRAIL」に参加する為、歩行距離を抑えることを目的に10番切幡寺へ向かうルートを選択しました。
大窪寺 二天門前の石柱
切幡寺の石段
法輪寺前の茶屋でよもぎ餅

88番大窪寺(おおくぼじ)

6時30分に宿を出発し、目の前にある大窪寺に向かいます。

この二天門前にある石柱をよく見ると、前後札所への距離が彫られています。

お遍路は線ではなくて、円だということを伝えているそうです。

大きな谷間の窪地に堂宇を建てたのが寺名の由来というのが、実感できます。

まだ7時前なのに、既にお遍路さんが参拝されていました。

明治以降に再建されているそうなので、歴史はありませんが、立派な仁王門です。

henro 10

区切り打ち5回目にして、ようやく八十八札所を打ち終わりました。

88番大窪寺から10番切幡寺(きりはたじ)まで

時刻は7時10分。

いつまでも結願の余韻に浸っていたいところですが、ここから20km弱の距離にある切幡寺へ向かいます。

大窪寺は標高で450mの高地にあるので、これから国道に沿ってゆっくりと高度を下げていきます。

山深い場所を抜ける為、周りには大きな集落もなく、道路わきの草花を見ながらのんびりと歩いていきます。

ここからは、逆打ちになるので、道標を見逃さないように歩かなければなりません。

10番切幡寺(きりはたじ)

10時45分、切幡寺の参道に到着です。

ここから本堂までは、500mくらいは坂道を上るので結構距離を感じます。

この山門を抜けてからは、4つの石段が待っています。

333段の坂、234段の坂、女やくよけ坂、男やくよけ坂を上ってようやく本堂です。

境内は切幡山の中腹、標高150mのところにあります。

大勢のお遍路さんがいらっしゃいました。

駐車場から本堂まではすぐですが、森林浴のつもりで石段を上るのもいいものです。

9番法輪寺(ほうりんじ)

切幡寺から法輪寺までは4km弱の距離です。

遍路道は住宅街を通り抜けていきます。

12時15分、法輪寺に到着です。

こじんまりとした雰囲気ですが、周りの風景に馴染んでいます。

本堂には八十八か所霊場で唯一といわれる寝姿の釈迦如来像が祀られているそうです。

仁王門の前のお茶屋さんです。

今回もこちらで名物のよもぎのおもちを頂きました。

名物だけあって、美味しいです。

henro 10
最新情報をチェックしよう!