69番観音寺(かんのんじ)

  • 2022年1月30日
  • 2022年4月21日
  • お遍路
  • 22view
区切り打ち10回目 歩き遍路7日目/7日 2021年10月22日(金) 天気:晴れ

JR観音寺駅

今回の区切り打ちは、昨日打った69番観音寺で終了です。次の70番本山寺(もとやまじ)、71番弥谷寺(いやだにじ)にもJR予讃線の最寄り駅があるので、少しでも先に進むという選択肢もありました。しかし初日に痛めた足の状態も一向に改善しなかったことから、今日は歩かずのんびり過ごすことにしました。
観音寺駅前の景色です。足が痛くて周辺を散策することも出来ない為、高松駅へ早めに移動することにしました。
10時21分観音寺駅発、11時33分高松駅着の快速電車に乗り、観音寺駅を発ちました。

JR高松駅

高松港からは84番屋島寺がある屋島が見えます。名残惜しいですが、高速バスで高松空港へ移動し帰路につきます。

10回目の区切り打ちを終えて

今回の区切り打ちは、結果としてはコロナ感染が落ち着いているタイミングで行うことが出来ました。前回(2021年4月)に比べれば、歩き遍路の方が増えてきたようにも感じましたが、まだまだ復活には程遠い印象です。今回も、山道、海沿いの道、市街地どこを歩いていても楽な区間はなく、苦しかった場面ばかりが思い出されます。ただ、苦しい場面が続くからこそ、合間で受ける地元の方からの接待や、素晴らしい景色に出会えた時の感謝の気持ちや感動が大きいと思います。「ただ歩いているだけなのにどうしてそんなに魅力があるのか?」とよく質問を受けますが、私にもよくわかりません。これこそが四国病だと思います。このブログを書いている最中も、次回の区切り打ちの事を考えているほど、私の四国病は深刻のようです。笑。次回の区切り打ちは、2022年3月を予定しています。
最新情報をチェックしよう!