63番吉祥寺(きちじょうじ)から64番前神寺(まえがみじ)まで①

  • 2021年11月27日
  • 2021年11月27日
  • お遍路
  • 15view
区切り打ち10回目
歩き遍路4日目/7日
2021年10月19日(火)
天気:日中晴れ、夜に雨

コース:西条市から四国中央市三島中央まで
歩行距離:48km
歩行時間:10時間50分
宿泊場所:リブマックス伊予
今日は、愛媛県の歩き遍路の中では、私にとっては一番つらいところを歩きます。
それは、札所の距離が離れているうえに、遍路道に変化が少ない為、実際の距離以上に遠く感じるのです。
石鎚神社本社
前神寺の御滝不動尊
伊曽の橋(メロディ橋)

宿から64番前神寺(まえがみじ)まで

6時にホテルを出発し、最寄り駅である壬生川駅に向かいます。
6時23分発の電車に乗り、伊予氷見駅まで移動します。
アンパンマンのイラストが入った電車です。
伊予氷見駅には、6時29分に到着しました。
伊予氷見駅の近くのコンビニで朝食を買っていきます。
伊予氷見駅からは、国道に並行した落ち着いた旧道沿いを歩きます。
7時20分、石鎚神社の前を通過します。
正式には、石鎚神社口之宮本社で、石鎚神社四社の拠点です。
前神寺は、石鎚神社のほぼ隣と言ってもいいほど隣接しています。

64番前神寺(まえがみじ)

大師堂と本堂は離れています。
本堂への参道沿いには御滝不動尊があります。
相変わらず多くの1円玉が張り付いていました。
ご利益を夢見て多くの人が投げ入れているのでしょう。
何と神々しいというか、静かに佇んでいる寺です。
かつては石鎚山の別当寺を務めたという歴史にも頷けます。

64番前神寺から伊曽の橋まで

ここから次の札所である65番三角寺までは、45kmほどの距離があります。
三角寺には宿泊施設がないので、手前で一泊することになります。
伊予土居でやめるか、伊予三島まで足を延ばすかは、三角寺の奥之院である番外霊場仙龍寺まで行程に入れるかで考えることになります。
私は、仙龍寺に寄ってから、民宿岡田へ向かう為、出来る限り三角寺の近くまで行きたかったので、伊予三島まで歩きました。
三角寺を打った後に、奥之院へ寄らず、そのまま民宿岡田に宿泊する行程であれば、伊予土居に宿泊するのがいいようです。
前神寺を出て、国道から離れた遍路道は、のどかな田園地帯を進みます。
加茂川にかかる伊曽の橋(メロディ橋)を目指します。
すでに鍵盤をたたくバチはありませんので、実際にメロディを奏でられるかは定かではありませんが、
何とも楽しい気持ちになります。
最新情報をチェックしよう!