62番宝寿寺(ほうじゅじ)から64番(まえがみじ)まで

区切り打ち4回目
歩き遍路2日目/7日

2016年5月22日(日)
天気:晴れ
コース:西条市小松町から四国中央市三島まで
歩行距離:50km
歩行時間:12時間10分
宿泊場所:ホテルリブマックス伊予三島
今日は、巡った札所は2つですが、次の65番三角寺近くまで移動する為、今回最長の50kmを歩きました。
天気が良く、気温が高かったこともあり、後半はかなりバテてしまいました。
柴之井大師
吉祥寺の成就石
石鎚神社本社
前神寺の御滝不動尊
伊曽の橋(メロディ橋)
別格霊場延命寺のいざり松

宿 旅館小松から63番吉祥寺(きちじょうじ)まで

6時30分過ぎに宿を発ちました。
地名が珍しくて写真に撮りましたが、シンプル過ぎます。笑
歩いて10分ほどで柴之井大師に到着です。
遠方からわざわざ運んできた水を、快く飲ませてくれた老婆に感謝し、弘法大師が錫杖で地面を突き、湧水させたという伝説がある井戸です。

63番吉祥寺(きちじょうじ)

6時55分、63番吉祥寺に到着しました。
朝早くから参拝に来られている方が大勢います。
吉祥寺は、四国霊場では唯一、毘沙門天(びしゃもんてん)を本尊としています。
成就石といって、本堂前から目隠しをして石の前まで進み、願い事を唱えながら金剛杖をこの穴に通すことが出来れば、願いが叶うそうです。
こちらはくぐり吉祥天女です。
この像の下をくぐるとご利益があると言われています。
本尊の毘沙門天以外の六福神を祀っている八角堂です。
吉祥寺はそれほど境内は広くないですが、見どころは沢山あります。

63番吉祥寺から64番(まえがみじ)まで

8時、64番前神寺の手前に石鎚神社の本社があります。
こちら以外に石鎚山の中腹、遥拝殿、頂上にそれぞれお社があり、4社を総称して石鎚神社といいます。
とても立派です。
弘法大師も修行したと伝えられており、時間があれば是非参拝していきたい場所です。

64番前神寺(まえがみじ)

8時10分、前神寺に到着です。
前神寺はかつて石鎚山の別当寺を務めた歴史のある寺で、境内もとても広いです。
境内には古い灯籠が立ち並び、深い緑の中で荘厳な雰囲気に包まれています。
大師堂です。
本堂とこれほど離れて建っている寺は四国霊場でも珍しいです。
大師堂から本堂へ向かう参道の途中にある御滝不動尊です。
かつては滝行も行われていたようですが、現在は水量が減り、行われていません。
代わりに1円玉を投げ入れて、不動尊に張り付けばご利益があるとの事で、たくさん1円玉が張り付いているのが見られます。
本堂です。
周りに無駄なものがなく、背景の深い森と調和している姿は、荘厳な雰囲気そのものです。
本堂脇にある権現堂へ向かう石段です。
石鎚山の神である石鉄権現を祀るお堂があります。

64番前神寺から本日の宿まで

8時40分、前神寺を発ちます。
この先、巡る札所はありませんが、伊予三島まではまだ40kmほど距離があります。
前神寺を出て、加茂川にかかる伊曽の橋です。
ここは、別名メロディ橋と呼ばれ、欄干に鍵盤が取り付けられているので、バチを当てて歩くと、下流側は「ふるさと」、上流側は「さくら」の懐かしい音が聞こえてきます。
伊曽の橋を対岸に渡って、振り返った景色です。
のどかで、何ともゆったりした気持ちになります。
遍路道の案内に沿って進むと、見えてきたのが、武丈公園の石碑です。
この辺一帯は、四国の嵐山とも呼ばれ、花見の時期は桜並木で奇麗だそうです。
地蔵原地蔵庵です。
弘法大師が、一夜にして地蔵尊を石刻安置したと伝えられる場所です。
西条市から新居浜市に進むと遍路道は、旧街道を進みます。
JR予讃線の中萩駅近くにあるお蕎麦屋さんです。
こちらで昼食を頂きましたが、残念ながら、今は廃業しているみたいです。
旧街道沿いには、こうしたかつての面影を残した商店街がひっそりと佇んでいます。
人通りが絶えてしまい、寂しい限りですが、これも時代の流れだと思います。
西条市から住宅街には、こうした水汲み場が点在しています。
石鎚山からの天然の涌水がいたるところに湧き出ているようです。

別格霊場 延命寺(えんめいじ)

14時50分、JR伊予土居駅近くの別格霊場 延命寺に到着です。
弘法大師自らお手植えされた「いざり松」が有名です。
ちなみに「いざり」とは、足が立たない人の事をいいます。
その昔、足の不自由な老人が、松の木の下で休憩している時に、弘法大師の加持祈祷によって治癒したことがこの松の名前の由来です。
明治時代は土居のいざり松として地元で親しまれ、東西南北に20mもの大枝を広げていたそうです。
今は、枯れて幹だけとなり、横たわっていますが、強い存在感をはなっています。
延命寺で一息入れて、伊予三島まではあと8km余りの距離です。
これまで、真夏のような暑さの中を歩いたためか、景色も楽しむ余裕はなくなっていました。
遠くに瀬戸内海が見え、伊予三島が近づいてきました。
18時50分、本日の宿であるリブマックス伊予三島に到着です。

本日の宿 リブマックス伊予三島

ビジネスホテルで素泊まりですので、夕食処を探しに近くを散策です。
地元の食堂 ぐるめ亭を訪ねました。
昭和がそのまま存在している町の中華屋さんです。

区切り打ち2日目を終えて

64番前神寺から65番三角寺までは45kmほど離れているのと、変化の少ない旧街道を歩くことで、感覚的にはかなり距離があると感じました。
時期にもよりますが、ベストな気候の中で歩けるわけではないので、歩き遍路の場合、暑さ、寒さ、雨、どのような条件でも対応できるようにそれなりの準備をお勧めします。
最新情報をチェックしよう!