27番神峯寺(こうのみねじ)から28番大日寺(だいにちじ)まで①

  • 2021年7月26日
  • 2022年4月21日
  • お遍路
  • 27view
区切り打ち7回目 歩き遍路3日目/7日 2019年4月13日(土)天気:晴れ コース:安芸郡安田町唐浜から香南市野市町まで 歩行距離:38km 歩行時間:9時間15分 宿泊場所:民宿きらく

27番神峯寺を昨日打った後、今日は、28番大日寺までのお遍路です。今回は、前半編として、唐の浜から安芸の街までを歩きます。

宿 民宿とうのはまから大山岬まで

6時30分に宿での朝食を頂き、7時には出発です。朝から快晴で、歩き遍路にとっては最高の一日になりそうです。

遍路道は国道55号に沿って進みますが、隣の砂浜を歩くことにします。どこまでも雲がなくて、本当に奇麗です。

遍路道は途中で土佐くろしお鉄道と交差します。いいタイミングで列車が通り過ぎました。

歩き始めて1時間、時刻は7時50分です。大山岬に到着です。

残念ながら、喫茶店は閉店していましたが、ロケーションは最高だと思いますよ。歩き遍路をしていると、こういう廃墟となったレストランによく出くわします。歩き遍路のあるある話です。笑

ただ大山岬には公園や道の駅などがあって、ドライブで一息いれる為に立ち寄る人は多そうです。

大山岬から安芸市まで

大山岬から安芸の街までは、車であれば国道55号を通りますが、遍路道は海岸沿いのの護岸を歩きます。地図では防波堤歩道と書いてありました。

海の景色は変化がないので、実際よりも随分と長く感じます。4km位は歩いたでしょうか、いつまで経っても景色が変わりません。

場所としては伊尾木の近辺を歩いているはずです。伊尾木には、有名な伊尾木洞があるのですが、遍路道を歩いていると入り口の前を通らないので、関心がある方はご注意ください。

9時30分頃、安芸の街に入りました。安芸市と言えば、三菱財閥の岩崎弥太郎の出身地です。

奥に見えるのは安芸市営球場です。安芸市は、阪神タイガースのキャンプ地としても有名ですね。

高知県東部の中心都市ですから、安芸の市街地はやはり栄えています。ここは、安芸漁港でみつけたアジ?の天日干し風景です。

最新情報をチェックしよう!