12番焼山寺(しょうざんじ)から19番立江寺(たつえじ)まで①

  • 2021年7月14日
  • 2021年9月5日
  • お遍路
  • 9view
区切り打ち6回目
歩き遍路2日目/5日

2018年4月3日(火)
天気:晴れ
コース:名西群神山町から小松島市立江町まで
歩行距離:52km
歩行時間:11時間
宿泊場所:鮒の里
区切り打ち2日目は、徳島市の市街地へ向かいます。
17番井戸寺までは、札所が近い場所に点在しているのですが、徳島駅近くの眉山(標高290m)を越えて18番恩山寺に着くまでが感覚的には遠く感じます。
前半は、植村旅館から16番観音寺までを紹介します。
鮎食川沿いの景色
13番大日寺のしあわせ観音
14番常楽寺の流水岩、あららぎ大師
15番国分寺の七重塔心礎

植村旅館から13番大日寺(だいにちじ)まで

今日は、約50km歩く予定なので、朝食の時間を節約しておにぎりにしてもらいました。
5時45分に宿を出発しました。
心温まるぬいぐるみに送られて徳島市の市街地へ向けて歩きます。

植村旅館を出るとすぐに駒坂峠という、ちょっとした峠を越します。

下の写真は峠から見た鮎食川です。

写真にある橋を渡り、向こう岸に進みます。

その後は、右方向(下流)に進むのが正しいルートですが、私は間違って左に曲がってしまいました。

この辺りはGPSがうまく信号を拾えなかったことから、間違いに気づきませんでした。

写真のような素晴らしい山桜が見れたことはせめてもの救いです。

20分ほど歩いたところ、植村旅館の前に戻ったことからようやく間違えに気付きました。

気を取り直して、来た道を戻ります。

13番大日寺までは、約12kmありますが、大半は鮎食川沿いの県道を歩きます。

鮎食川は両岸に県道が通っているので、どちらを進んでも違いはありませんが、私は広野郵便局を目印にして左岸から右岸側に渡りました。

遠くに見えるのは、広野小学校です。前回はこちらでお手洗いをお借りしました。

神山町はしだれ桜でも有名だそうです。

それにしても鮎食川沿いは、景色が素晴らしいです。

ここは、入田小学校近くを歩いている時の写真です。

菜の花でしょうか?

道の間違えもあり2kmほど余計に歩きましたが、8時30分、13番大日寺(だいにちじ)に到着です。

13番大日寺(だいにちじ)

大日寺は、道路を挟んで対面にある阿波の総鎮守である一宮神社の別当寺でした。

門を入って正面には、しあわせ観音が立っています。

幸せを願ってお祈りすると良いことがあるそうです。

植村旅館で作ってもらったおにぎりを、境内で食べて出発です。

14番常楽寺(じょうらくじ)

13番大日寺からは、2kmほどの距離にあります。

道標とお遍路シールに従って歩けば、20分ほどでため池のほとりに到着します。

9時30分、本尊に到着です。

常楽寺は、40段ほど石段を上がった場所に本尊があります。

境内は、流水岩の庭園にあり、歩きにくいのですが、何とも言えない美しさがあります。

弘法大師が、病に苦しむ老人に煎じて飲ませたと伝えらえれるイチイの木が本堂脇にあります。

このアララギの霊木(アララギはイチイの別名)に置かれているあららぎ大師です。

15番国分寺(こくぶんじ)

15番国分寺までは1km弱の距離です。

あいにく本堂と庭園が修復工事の最中でした。

私が参拝する時は、前回もですが、どうも縁がないようです。

741年、聖武天皇が全国66か所に建立した国分寺の一つとして建立され、境内だけでも東京ドームの半分程の広さはあったようです。

これは、七重塔の心礎石です。当時の繁栄が偲ばれます。

16番観音寺(かんおんじ)

16番観音寺までは、2km弱の距離です。

10時45分、鐘楼門に到着です。

市街地にあるお寺さんで、こぢんまりしています。

堂々とした鐘楼門と、寄進者の名前が彫られた石柱で境内が囲まれている姿が特徴的です。

その昔、激しい雷に打たれても倒れなかったトチの木です。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!